User Tools

Site Tools


Sidebar

seminarnotes:20180526

DTPの勉強部屋 第44回勉強会

Session 1

Session 2

  • インハウス(=内製)
  • 特色(スポットカラー)
  • 「スウォッチ>オプションメニュー>インキ管理」
    • PDF 書き出し、印刷で CMY に置き換わる。
  • 「ウィンドウ>出力>分版」で分版パレットが表示される。
    • 「分版パレット>表示>色分解」を選択すると、特色からプロセスに置き換わる。
  • 束幅(つかはば)=書籍の背幅
  • 書籍の装丁は InDesign でやるといい。
    • ドキュメント設定で①マージンを0にし、②見開きページをオン、にしておくと、書籍カバーの製作で、束幅を簡単に変えられる。
  • PDF 入稿がいい
    • フォントの制約がない
    • InDesign でアウトライン化をするのは危険
  • サイマル=紙とデジタルで同時出版
  • 「リンクパネル>オプションメニュー>ファイル拡張子にリンクを再設定」
    • 同一ディレクトリにある、同じファイル名で拡張子だけ違うファイルに置き換えが可能。紙版とデジタル版を動じ作成するときに、画像の一括変換ができる。

Session 3

次回

  • 2018/11/20 @ウインクあいち
  • 2019/03/23 @ウインクあいち
seminarnotes/20180526.txt · Last modified: 2019/03/24 16:59 by wacw